『気付いたらお金がたまっている』仕組みを作りましょう

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

こんにちは!

正社員ママせどらーじゃすみんです。

 

3年ぶりにスマートフォンをかえました。

せどらーなのでiPhoneにしようか悩んだのですが、結局いつものAndroidにしてしまいました。

しょっちゅう店舗せどりに行くわけではないので、iPhoneでなくてもほとんど問題ないんです。

まだ新しいスマホに慣れずに試行錯誤の日々なので、早く使いこなせるようになりたいです。

 

さて、今日は『気付いたらお金がたまっている』仕組みを作りましょうというお話です。

お金を貯めたいけど、いつまでたってもなかなか貯まらないという悩みはありませんか?

貯めたいと思いながら、特に何もしていないのであれば貯まるはずがありません。

お金を貯めたいなら「自動でお金がたまっていく仕組み」を作るのが一番です。

ではどんな仕組みなのか説明していきますね。

 

1ヶ月どのくらいの金額で暮らせるのか?

 

まずざっと1ヶ月にかかる生活費を書き出します。

住居費や光熱費、食費や通信費など月にどのくらいの支出があるかを把握しないと貯金は出来ません。

書き出したらその中で余計な支出はないか、削れるところはないかを考えます。

 

例えば通信費。

格安スマホにすれば通信費がかなり削れるのに、面倒だからという理由でかえていない場合がよくあります。

確かに面倒だという気持ちはわかりますが、面倒なのは1度だけです。

私は格安スマホを使ってだいぶ経ちますが、キャリアスマホと比べて不具合を感じたことはほとんどありません。

その他、ついつい寄ってしまうコンビニ代や使っていないのに引き落とされるサブスクの料金など意識して削れる部分は削っていきましょう。

 

自動引き落とし設定をする

 

そうやって日々の支出を減らすことが出来たら、次は貯蓄です。

貯蓄の方法は色々ありますが、めんどくさがりの人ならば毎月給料から自動で定期預金に積み立ててくれる自動積立貯金がおすすめです。

ほとんどの銀行でやっていると思うので確認してみて下さいね。

 

貯蓄分のお金は最初からないものと思って生活する

 

そうやって貯蓄したお金にはよっぽどのことがない限り手をつけてはいけません。

困った時にすぐに使ってしまえば、結局元の木阿弥です。

貯蓄はないものと考えて、今あるお金の中で何とかする癖をつけていく必要があります。

 

まとめ

 

お金があればあっただけ使ってしまう人は、収入の中から先に貯蓄分を取り分けておかなければどんどん無駄にお金を使ってしまいます。

自由になるお金が減れば、本当に必要な買い物かどうかを考えて買い物するようになるはずです。

あるとき、気付いたらお金がたまっていたら嬉しいですよね?

その時を楽しみに先取り貯蓄を実践してみて下さいね(^^)/

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.