この時期だからこそ考えたい、この先のせどりとの付き合い方

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

こんにちは!

正社員ママせどらーじゃすみんです。

昨日夜更かししてドラマを見てしまったせいでめちゃくちゃ眠いです。

早く寝たほうがいいとわかっていてもついつい夜更かししてしまうのは悪い癖ですね..。

 

さて、長引くコロナの影響でたくさんの会社が苦境に立たされています。

その原因は主に家賃などの固定費と人件費でしょう。

収入が減ってしまっても固定費と人件費は払わなければいけませんからね。

これが実店舗の不利な点です。

 

せどりの利点

 

せどりが副業として優れているのは固定費があまりかからないこと(大きな倉庫などを持っていれば別ですが)、小規模でやる分には人件費もほとんどかからないことです。

せどりで一番怖いのはAmazonでアカウント停止になることだと思います。

ただ、アカウント停止になっても別販路で売るという選択肢はあります。

利益は多少下がるかもしれませんが、それでも収入にはなります。

実店舗では固定費と人件費が収入を上回ってしまえば倒産のリスクがありますが、せどりではそのリスクはほとんどありません。

また、ほとんどの人がせどりを副業でやっているので万が一カードの支払いが厳しいなんて時は本業の収入から補填ということも出来ます。

カードの支払いを延滞すると厄介ですからね。

つまり本業があり、副業でせどりをするというのはとても良いリスク管理と言えます。

 

せどりを本業にするのは危険?

 

よく本業が忙しすぎてせどりをする時間が全然取れないという人がいますが、そういう人はせどりを本業にしてもうまく行かないと思います。

何故ならそういう人は時間管理が出来ていないからです。

せどりを本業にすれば、すべての時間は自分で自由に決められます

今日は疲れたからお休みでもいいし、昨日夜更かししたから昼過ぎに仕事ということも可能です。

誰にも監視されず、自分の好きに仕事をするのはとても素敵なことですが、そこに収入がついてくるとは限りません。

やはり専業で結果を出している人というのは自己管理時間管理をしっかりしていて、むしろ普通の会社員よりがっつり働いている人がほとんどです。

 

時間があってもせどりばかりはなかなかできない

 

緊急事態宣言が発令されてから自宅にいる時間が多くなったせどらーも多いと思います。

私もその一人です。

最初はリサーチする時間が増えると思っていましたが、なかなかうまくはいきませんでした。

子供がしょっちゅう話しかけてきますし、なにより沢山時間があると後でやればいいから先にこちらをやろうという風に別のこと(家の片づけとか料理とか)をやってしまったりします。

時間が限られていれば集中してせどりに取り組むことが出来ますが、いつでもできるとなると気持ちを持っていくのがなかなか難しいのです。

やはり、今の自分にとってせどりは副業でやるスタイルが向いているなと実感しました。

 

もしいつかせどりで独立したいと思っている人がいたら、この機会に専業シミュレーションをしてみて下さい。

有り余る時間をうまく管理できているなら専業でも成功する可能性はあります。

ただし、専業になった場合でも他に収入源を持つなどリスクヘッジはしておいた方がいいですよ(^^)/

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.