せどりで勝つためには

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

こんにちは!

正社員ママせどらーじゃすみんです。

 

コロナの感染者数減少を受けて小学校の行事予定のお知らせが来ました。

このままリバウンドがなければ、運動会や遠足なども行くことができそうです。

子供たちが楽しみにしているので、このまま感染者が増えないように願うばかりです。

ただ、運動会は開催されても午前中なので2~3年前に張り切って買った重箱の出番は今年もなさそうです…(T_T)

 

さて、今日はせどりで勝つためにはというお話です。

 

常に勝てる仕入れはない

 

仕入れに行って利益商品が見つかると嬉しいですよね。

テンションが上がります。

嬉しくてまた仕入れに行きます。

 

でも、いつも仕入れ商品が見つかるわけではありません。

検索しても検索してもヒットなし。

何件回っても思うような利益商品が見つからなくてだんだん焦ってきます。

今日1日無駄にしてしまった…。

日給0円だ…。

そんな思いが頭をよぎります。

そんな時、なんとか今日の行動を意味のあるものにしたくて、利益の薄い商品を仕入れてしまったり、回転率が悪い商品を複数買いしてしまったりしていませんか?

私はあります。

そして、そんな商品はやっぱり赤字になってしまったり、不良在庫になってしまったりすることが多いです。

 

仕入れないのも勇気

 

売れるかどうかわからないけれど、これも経験!と思って仕入れるのはありだと思います。

でも、他に仕入れられるものが見つからなかったからという後ろ向きな理由で仕入れるくらいならボウズ(仕入れしょうひんがないこと)のほうがよっぽっどマシです。

私は今まで沢山失敗して、やっと最近「利益商品がなければ無理に仕入れをし」ということが出来るようになってきました。

せどりの目的は「商品を仕入れること」ではありません。

売れる商品を仕入れて販売し、利益を得ること」のはずです。

薄利の商品や売れる見込みの薄い商品は無理して仕入れずに置いていく勇気も大切です。

 

時給に換算するのは無意味

 

よくせどらーのブログで「店に入って10分で利益2000円の商品発見。時給に換算すると12000円!」とか書いてあるのを見ますが、せどりを時給換算で考えること自体ナンセだと私は思います。

その後も継続して10分ごとに利益2000円の商品を見つけられ続けるのならいいですが、そんなにうまくはいきません。

その日は10000円利益の仕入れが出来ても、次の日は3000円しか利益が取れないかもしれません。

成果に関係なく働いていた時間でもらえる時給制の仕事とはそもそもシステムが違うのです。

今日の時給はいくらか~と考えてしまうとボウズの日はせどりが嫌になってしまいますよね。

そんな時はせどりを月単位で見るようにしましょう。

 

木を見ず森を見よ

 

1時間単位、一日単位で成果を見るのではなく、月単位で成果がどうなのかを見るようにしましょう。

仕入れがうまくいく日もあれば、ダメな日もある。

ひと月単位で見てちゃんと利益が出ているならあなたのせどりはうまくいっています。

細かいことにこだわらず、全体を見るようにしていきましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.