やることリストの重要性

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

こんにちは!

正社員ママせどらーじゃすみんです。

緊急事態宣言が解除されたこともあり、家族で久々に焼肉を食べに行ってきました。

家で焼き肉も楽しいですが、やっぱりお店で食べるのはいいですね。

子供たちも大喜び。

それぞれの席ごとにちゃんと仕切りがあったので、安心して食べることが出来ました。

外食産業はいまだに時短要請されるなど厳しい状況に置かれていますが、なんとか頑張って乗り切ってもらいたいと心から願っています。

 

さて、今日はやることリストの大切さについてのお話です。

仕事をするとき、やることリストを作っていますか?

頭の中に入っているから大丈夫!と思っている人も一日が終わってみればあ、あれやり忘れた!とか先にあの仕事やればよかった…みたいに思うことありませんか?

やることリスト書いている時間がもったいない!と思う人もいるかもしれませんが、やることリストを書くことによって効率が上がり、結果的に時間の節約になります

では、私がどんなふうにやることリストを作っているかご紹介しますね。

 

やることリスト作成手順

 

 まずやることをすべて書き出す

 

仕事でも家事でもそうですが、まずはやることをすべて書き出します。

スマートフォンに打ち込んでもいいのですが、私は紙に書く方がしっくりきます。

アナログな人間なんです( ..)φメモメモ

 

 優先順位を決める

 

やることをすべて書き出したらそのなかで優先順位を決めます。

この順番でやったら効率がいいとかも考えながらやる順番を決めていきます。

 

 やり終わったら消していく

 

子供みたいですが、やり終わったものは棒線やチェックマークで消していくと地味に達成感があるんですよね。

これだけやったんだ!みたいな。

タスクが大きすぎてなかなか終わらないものにはそのタスクをさらにいくつかの項目に分けておくと進捗状況もわかるし、達成感も得られるのでいいと思います。

せどりの納品作業で例えると

1.商品登録

2.納品プラン作成

3.ラベル貼り

4.梱包

みたいな感じに分けるといいですね。

 

 残ってしまったものは次回のやることリストにスライド

 

もしやり切れずに残ってしまったものは、次回のやることリストに移しておきます。

これで、やり忘れてしまうことを防ぐことが出来ます。

 

まとめ

 

やることリストを作るのなんてそんなに時間がかかりません。

慣れるまではちょっと面倒かもしれませんが、リストを作ることで作業が可視化されて効率もかなり上がるので、ぜひやってみて下さいね。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.