コロナになったときにすればよかったこと

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

こんにちは!

正社員ママせどらーじゃすみんです。

先日新しい洗濯機を買ったのですが、今日やっと届きました(^^)/

13年ぐらい頑張ってくれた洗濯機に感謝。

そしてどうしてもやりたかったこと。

それは…

 

洗濯機下の掃除!

掃除できる唯一(?)のチャンスですからね。

古い洗濯機をどかした後に急いで準備していた掃除機と雑巾で埃やごみをとって綺麗にしました。

あ~~~スッキリ!

時間がなかったのでピカピカには出来ませんでしたが、とりあえずある程度は綺麗にできました。

綺麗好きの人は洗濯機ずらして定期的に掃除とかするみたいですけどね。

奥の壁の埃も綺麗に吸い取ったのでとりあえずしばらくは安心です。

 

さて、今日はコロナになったときにすればよかったことというお話です。

 

コロナで自宅待機は保険が下りる

 

以前にも書きましたが我が家は家族全員コロナウィルス感染症にかかりました。

最初に発熱したのは下の子で抗原検査で陽性が出たため小児科に連れて行ったところ、駐車場で待機させられたのち、携帯にお医者さんから電話がかかってきて「抗原検査で陽性なら診る必要はないから」と解熱剤だけ処方されました。

そして、「家族に発熱などの症状が出たらほぼ間違いなく感染したと思ってください」と言われました。

2日後、旦那さんと上の子が発熱

旦那さんは会社からPCR検査を受けるように言われ、フラフラになりながら受けに行きました。

その次の日に私が発熱

その時点で病院に電話すればよかったのですが、どうせ電話しても診察はしてくれないとわかっていたので、熱が下がった3日後に下の子を診てくれた病院に電話してみなし陽性(検査をしていないので)の判定をしてもらいました。

旦那さんのPCR検査の結果ももちろん陽性で家族全員自宅療養となりました。

 

その後無事回復し、コロナの自宅療養は保険が下りるということで保険の申請をすることになりました。

保険の申請のためには医師の証明または保健所の自宅療養証明が必要です。

私は病院に電話したため病院から保健所へ連絡が行ったので、病院に行ってコロナ感染の証明書(有料)を書いてもらうことが出来ました。

しかし、旦那さんは会社のPCR検査を受けたためそちらから保健所へと連絡が行っていました。

そのため、証明書は保健所に発行してもらわないといけません。

現在保健所はコロナ対応でてんてこ舞いのようで、証明書発行までに2カ月以上かかるとのことでした。

 

そこで、私だけ一足先に申請をしました。

ここからは保険会社にもよるのですが、私が加入している保険は「PCR検査の結果出た日から自宅待機期間が終わるまで」の日数分給付金が出るという決まりになっていたようで、私が病院に電話した日から待機期間が明けるまでの日数分が支払われました。

私が病院に電話したのは症状が出た日の3日後だったので、症状が出た日に電話していればあと3日分多くもらえたということです…(悔しい。。。)

 

そして旦那さんの方は保健所からいまだに連絡が来ず…。

発熱した日にすぐに病院に電話していれば、こんなに長く待たされることもなかったのに…(泣)

 

まとめ

 

まさか家族全員コロナにかかるとは思っていなかったので、いろいろ対応を間違えたなと思います。

今は家族から感染して軽症ならほとんど病院では診てくれないと思いますが、それでも早めに連絡すべきでした。

仕事もかなり休んでしまいましたし、自宅療養中に宅配など結構お金もかかったので保険が下りるのはとてもありがたいです。

私の経験がどなたかの役に立てればと思い、今回の記事を書きました。

参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

Copyright© , 2022 All Rights Reserved.