4.事前準備 まずはこれだけ用意しましょう

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

こんにちは。

正社員ママせどらーじゃすみんです。

今日はAmazonで販売を始めるための事前準備のお話しです。

 

登録


まずは、登録をしましょう。

https://services.amazon.co.jp/?ld=AZJPSOAFOOT

こちらからAmazon出店サービスのページに行き、アカウントの登録をします。

アカウントの種類は大口出品小口出品の2種類があります。


小口出品では、商品が売れた際に商品1点につき100円の基本成約料が発生します。

 

大口出品では、この基本成約料がかからない代わりに月額登録料が4900円(税抜きがかかります。

 

つまり、4900円÷100円=49個以上1カ月に売れるようであれば大口出品にしたほうがいいということです。

まずは小口で登録して商品数が増えてきたら大口に切り替えるという方法も出来ます。

それでは次に、出品する際に最低限そろえておくべきものの紹介です。

 

銀行口座

 

Amazonの売り上げを入金してもらうための口座です。
最初はプライベートと一緒でも大丈夫ですが、ゆくゆくはせどり専用の口座を作ったほうが資金の管理がしやすいです。

 

クレジットカード

 

Amazonの出品用アカウントを作成するために必要です。
デビットカードでも大丈夫です。

 

パソコンとインターネット環境

 

Amazonへの出品作業や在庫管理をしたりするのに必要です。

スマートフォンでも出来ないことはないですが、安いものでもいいので1台パソコンがあると効率が全然違います。

 

プリンター

 

納品書やラベルシールなどを印刷します。安いもので十分です。

 

ラベルシール

 

Amazonの倉庫に商品を送る際に、商品にAmazon独自のバーコードシールを貼ります。
(混合在庫の場合は貼らなくてもいい場合がありますが、その説明はまた次の機会に)

コクヨ カラーレーザー インクジェット ラベル 貼ってはがせる KPC-HH124-20

エーワン ラベルシール プリンタ兼用 24面 22枚 72224
などのはがしたときに跡が残らないタイプのものがおすすめです。

 

 

バーコードリーダー  

 

 
出品登録時に商品のバーコードを登録する際にとても便利。

なくても登録できますが、1台あるとサクサク登録できます。

 

段ボール


仕入れた商品をAmazonへ納品する際に必要です。

私はドラッグストアやスーパーで大きめの箱をもらってきたり、ネットで買ったりしています。

 

ハサミ、カッターナイフ、ガムテープ、セロハンテープ

 

納品の際に使います。すべて100均で揃います。

それから店舗せどりをする場合は値札をはがす用に値札はがし液などもあるといいですね。

さてこれらのものが準備出来たら早速商品登録をして出品してみましょう(^^)

             

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.