他人は変えられないけど自分は変えられる

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

こんにちは!

正社員ママせどらーじゃすみんです。

 

最近親子で『東京リベンジャーズ』にハマっています。

情に厚い不良ってかっこいいですね~。

池袋ウエストゲートパーク』も大好きでずっと愛読してます。

マイキーもドラケンもタケミッチもタカシもマコトもみんなかっこいい!

知らない人はなんのこっちゃだと思いますがww

 

さて今日は他人は変えられないけど自分は変えられるというお話です。

 

他人に腹を立てていませんか?

 

家族や同僚にイライラしたことはありませんか?

 

なんでやっておいてくれないんだろう?

なんでこんな簡単なことが出来ないんだろう?

どうしてわかってくれないんだろう?

この間約束したのに何で守ってくれないんだろう?

 

自分が思ったように相手が動いてくれないとイライラする人は多いと思います。

私もその一人です。

ずっと一緒にいてよくわかっているはずの家族でさえ自分の思い通りには動いてくれませんよね。

 

そんな時どうすればいいのでしょうか?

 

自分の思い通りにならないとき、声を荒げても意味がありません。

その時は相手が従ってくれるかもしれませんが、だからといって相手を変えることが出来たわけではないんです。

 

他人は変えられない

 

アメリカの精神科医エリック・バーンが「他人と過去は変えられない。自分と未来は変えられる。」という有名な言葉を残しています。

他人を変えようとする前に自分はどうなのか考えてみましょう。

 

変わるべきところはないでしょうか?

人に注意出来るほど自分は出来た人間でしょうか?

 

以前、職場にやる気のない後輩がいました。

一緒に仕事をしていた私はことあるごとに注意していたのですが、全く変わりませんでした。

そこで私は接し方を変えてみました。

後輩の話に耳を傾け、いいところがあったらすかさずほめるようにしました。

するとだんだんとその後輩がやる気を見せ始めたのです。

その時、問題は後輩にあったのではなく私の接し方にあったのだと気付きました。

私自身が変わることで後輩もまた変わってくれたのです。

 

まとめ

 

周りに代わってほしいと思う人がいるなら、まず自分が変わる努力をしてみましょう。

その方がずっと手っ取り早く事態を変えられるはずです。

変えられないものにイライラする自分を変えて未来をより良いものにしていきましょう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

Copyright© , 2022 All Rights Reserved.