132.年末商戦の戦い方 ~2020年ver.~

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

こんにちは!

正社員ママせどらーじゃすみんです。

 

昨日、職場の同僚たちと「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」を見に行ってきました。

前に一度、子供たちと観に行っているので、2回目です。

同じ作品を映画館で2回も観るなんて今までなかったんですが、2回目でも十分楽しめて泣けました(T_T)

人気があるのも納得です。

まもなく単行本の最終巻も発売になるので、ますます盛り上がりますね。

と、すっかりハマってしまっている私です(^^)

 

さて、ブラックフライデーもほぼほぼ終盤になってきました。

イオンなどで安値で販売されていた商品などは出品者急増で一時的に値が下がっていますね。

ここから年末にかけては売り時が大切です。

特にクリスマス関連の商品はクリスマスを逃すと途端に売れなくなってしまいます。

大赤字にならないためにどのような売り方をすればいいのか説明していきますね。

 

クリスマス需要を見込んだ商品はギリギリに納品しない

 

クリスマスプレゼント用のおもちゃなどはクリスマスが近づくにつれどんどん売れ行きが加速してAmazonが在庫切れを起こし、値段が上がっていきます。

どの商品が在庫切れを起こすかは残念ながらわかりません。

ただ、予想をすることは可能です。

商品全部を追うことはできませんが、注目の商品はいくつかピックアップしておいて定点観測していくと、在庫が切れたタイミングで仕入に動くことが出来ます。

ただし、あまりにギリギリになってしまうとクリスマスまでに納品が間に合わない可能性があります。

と、いうのもこの時期は宅配業者も物量が増えていっぱいいっぱい、Amazon倉庫の方もいっぱいいっぱいなので倉庫へ向けて発送してから受領が完了するまでにかなりの時間を要する可能性があるからです。

特にヤマト便での大量納品は受領に時間がかかりがちなので、急ぐ場合は配送料が割高になっても普通の宅配便を使った方がいいです。

今年はコロナの影響で直接顔を合わせずにプレゼントを送るという人も増えることが予想されますし、Amazon側も感染予防のためにいつもより人員を減らしている可能性があります。

クリスマス用の仕入れは早めに済ませてしまいましょう。

 

価格改定をこまめにする

 

この時期は商品の価格がどんどん変わります。

価格改定ツールを使っていても、こまめに価格改定をしないと思ったより安値で売れてしまったり、いつまでたっても売れなかったりということが起こりがちです。

また、今年初めのマスクの高額転売などの影響で実勢価格とかけ離れた価格設定はAmazonから警告が来る恐れがあります。

つまり「高値での待ち伏せ」が出来ないのです。

そういうわけで、12月の初めの方に早々に納品を終わらせてあとは価格改定をメインにしていくのがリスクの少ない販売方法であるといえます。

 

まとめ

 

年末商戦は大きく稼ぐことが出来る反面、戦い方を間違えるとかなりの痛手を負ってしまうリスクもあります。

あまり欲張らず、安全策を取りながらせどりをしていって下さいね(^^)/

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.