挨拶はするだけで得をする

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

こんにちは!

正社員ママせどらーじゃすみんです。

 

突然ですが、最近のコンビニコーヒー、美味しくないですか?

私はセブンカフェが一番お気に入りでよく買っています。

が、先日買ったコーヒーを飲んだら、ふたがちゃんと閉まってなくて白いトップスにドバドバドバ….泣

ちゃんとふたを閉めなかった自分が悪いんですけどね。

時々うまいことふたが閉まらないやつがあるんですよ(T_T)

皆さんもくれぐれもコーヒーのふたはちゃんと閉めてくださいね!

 

さて、今日は挨拶はするだけで得をするというお話をさせて頂きます。

きちんと挨拶をしましょうというのは小学生のころから言われてきているはずなのに、大人になってもちゃんと挨拶が出来ない人っていますよね?

そんなのもったいないです。

挨拶にはパワーがあります。

挨拶をするだけで人間関係はぐっとスムーズになるはずです。

では、挨拶が大切な理由を説明していきますね。

 

挨拶が大切な理由

 

 相手に心を開いているということを伝えられる

 

挨拶をすることで、「私はあなたを認めています」「あなたに心を開いています」と伝えていることになります。

反対に目が合っているのに挨拶をされなかったら、存在が無視されているのではないかと不安になりますよね。

挨拶をされてから返すのではなく、自分から先に挨拶することが大切です。

 

 仲良くなるきっかけになる

 

ザイオンス効果という言葉を聞いたことがありますか?

日本語では単純接触効果といい、同じ人やものに接する機会が多ければ多いほどその対象に対して好印象を持つようになる心理現象のことを言います。

毎日挨拶することで接触回数が多くなり、相手に好意を持ってもらえるようになります。

相手が好意を持ってくれていれば、仲良くなるのは簡単ですよね。

挨拶は様々な人と親密になるチャンスをくれるんです。

 

 感謝の気持ちを伝えられる

 

「おはようございます」や「さようなら」の他に「ありがとうございます」「いつもお世話になっております」「お疲れ様です」なども挨拶の言葉です。

これらの感謝やねぎらいの言葉を頻繁に口に出すことで相手への感謝の気持ちを伝えられます。

伝えられた方はとても嬉しい気持ちになるはずです。

身近な人だけでなく、コンビニの店員さんや宅配便のドライバーさんなどにも感謝の気持ちを伝えるようにしたいものです。

 

まとめ

 

挨拶をされて気分を害する人は(めったに)いないはずです。

ちょっとした一言を言うか言わないかで人間関係がスムーズにいくかどうかが決まるとすれば、言わない手はありませんよね。

自分も相手も気分が良くなる挨拶をぜひ習慣にしていきましょう(^^)/

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.