日常生活の中にせどりのヒントは沢山隠れています

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

こんにちは!

正社員ママせどらーじゃすみんです。

 

最近映画「ホビット」の三部作を観ています。

これは「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズの前日譚にあたる物語で、ファンタジー好きの私にとってはなんで早く見なかったんだろうというくらい面白いです。

ただ、まとめてみる時間がないので、夜寝る前にちょこちょこ見ています。

一日の終わりのささやかな楽しみです。

 

さて、今日は日常生活の中にせどりのヒントは沢山隠れているというお話です。

 

せどりのヒントとは?

 

せどりのヒントというのは仕入れにつながる手がかりのようなものです。

仕入れの手がかりは日常生活のいたるところに落ちています。

 

例えば、ニュースで人気漫画の映画化が発表されたらその漫画の関連商品をリサーチしたりといった具合に手掛かりを見逃さずに掘り下げていくとどんどん仕入れができるようになります。

スーパーに行ったときも商品棚を見て見慣れないパッケージの商品があったら検索してみるとか、美味しい調味料を見つけたら一番安く仕入れられるところはどこか探してみたりとか。

ちょっとでもおっ!と思うものはすぐ調べる癖をつけたり、ビームをあてたりするだけでも仕入れの幅はぐんと広がります。

 

私はもともと車に全然興味がありませんでしたが、ひょんなことから車のパーツを仕入れたところ、かなり回転が良く、利益率も高かったので関連商品も色々探して販売するようになりました。

また、子供が好きなおもちゃなども子供に付き合っておもちゃ屋さんに行っているうちにいろいろ詳しくなり、子供がおもちゃを見ている間に仕入れができるようになりました。

せどりを始めたころは全然気にしていなかった陳列の仕方や値札のクセなども、普段の買い物をしている時に気になるようになりました。

もちろんワゴンがあるときは必ず見るようにしています。

わざわざ店舗行くぞ!とか電脳のリサーチをするぞ!と構えなくても仕入れのヒントは色々なところに転がっています。

もちろん店舗へ仕入れに行ったり、腰を据えて電脳のリサーチをしたりする方が仕入れできる商品を見つけられる確率は高いです。

そういった基本のリサーチをしっかりしている上でさらに日常生活においてもせどりのアンテナを張っておくせどりの力は格段にアップします。

 

まとめ

 

普段の生活でもこにのニュースはせどりにつながるかな?Amazonでこの商品って売れているのかな?といった風に考えるクセをつけてみましょう。

思わぬところで仕入れにつながるということがあると思いますよ(^_-)-☆

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.