歯医者さんを選ぶ上で大切なこと

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

こんにちは!

正社員ママせどらーじゃすみんです。

只今、歯の治療中です。

以前治療した歯の根元の歯茎が腫れてしまい、かぶせた銀歯を取って再治療しています。

以前こちらでも触れましたが、私はしょっちゅう歯医者通いをしていて、治療した歯が沢山あります。

歯医者さんもコロコロ変えていたのですが、今の歯医者さんはこれまでのどの歯医者さんとも違う治療の仕方でびっくりしました。

この先生に最初からかかっていればもっと歯の健康を守れたと思います。

今後長く歯を残しておくために適切な治療は必要不可欠です。

そこで今日は、せどりとは全く関係ないですが、歯医者さんの選び方のお話をさせていただきます。

 

歯の治療は最初が肝心

 

私が今、再治療してもらっている奥歯はずっーーーっと前にどこかの歯医者で治療してもらったものです。

虫歯が進行していたので、神経を取って銀歯をかぶせてありました。

今の先生(仮にY先生とします)によれ歯の治療は最初が肝心なのだそうです。

特に神経の治療をするのは難しく、神経の取り残しや治療中にばい菌が入ってしまったりするとそれが数年から数十年かけて炎症を起こし、今の私のように歯茎が腫れた状態になってしまうそうです。

そしてそのようにして一度治療されてしまった歯は再治療の難易度が上がり、また炎症を起こさないように完璧に治療するのが難しくなってしまうのです。

もちろん神経を抜かなくてはいけないような事態になる前に治療するのが最善なのですが、もしひどくなってしまった場合にはきちんと治療してくれる歯医者さんにお願いしないと結局また治療する羽目になってしまうんですね。

 

Y先生の治療法

 

Y先生の治療でまず驚いたのは、治療前にラバーダムシートというものを口にかぶせて、治療する歯だけをそのシートから出して治療するんです。

     ↑

こんな感じ。

 

こうすることで治療中に口の中の雑菌が歯の内部に入ったりしないようにするんですね。

もし治療中に雑菌が入ってしまい、そのまま詰め物をしてふたをしてしまうと、それが後々炎症の原因になります。

 

ただ、この方法は面倒な上に保険診療に含まれていないために歯科医院側の持ち出しになることが多いようで残念ながら多くの歯科医院で取り入れられていません。

私もいくつもの歯科医院で治療を受けましたが、これまで一度もラバーダムシートを使われたことはありませんでした。

さらに、Y先生は肉眼ではなく顕微鏡を見ながら治療します。

その顕微鏡での治療は全て録画されていて、治療後にそれを見ながら説明してもらえます。

自分の歯の中を見る機会なんて今までなかったので、本当に衝撃でした。

 

まとめ

 

これだけ丁寧な治療で診療費は他の歯医者さんと比べても少し高いかな、という程度です。

診療費に関しては歯医者さんによってそれぞれ違うとは思いますが、多少高くても後々のことを考えればここまでしてくれる歯医者さんを選ぶべきだと思いました。

また、一度信頼できる歯医者さんを見つけたならできれば継続して通うことをお勧めします。

コロコロ歯医者さんを変えてしまうと、以前の治療記録がないために治療の判断が難しくなるケースがよくあるからです。

 

歯医者選びには近さや予約の取りやすさ、費用などを優先しがちですが、大切な歯を守るためには信頼できる治療をしてくれるかどうかを慎重に吟味することをお勧めします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.