確定申告が変わる?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

こんにちは!

正社員ママせどらーじゃすみんです。

 

いよいよ12月も残すところあと半月を切りました。

私のせどり歴ももうすぐ7年になろうとしています。

始めた時はまさかせどりをこんなにも長く続けるとは、しかもせどりの情報発信まですることになるとは思ってもみませんでした。

失敗も沢山ありましたが、せどりはやっぱり面白いです。

ここ1~2年ご無沙汰していたせどりのセミナーや懇親会も来年は参加出来たらいいな~と思っています。

 

さて、今日は確定申告が変わる?というお話です。

 

時代はペーパーレスに

 

確定申告に必要な帳簿と書類は、確定申告書を提出してから7年間保存する必要があります。

そして帳簿や書類は原則として紙で保存することになっていました。

しかし、来年1月からの領収書等はスキャンしてデータ保存することで紙での保存が不要となります。

先日、いつもお願いしている税理士さんから連絡があり、来年分の確定申告からはデータ送信のみの受付となる旨を伝えられました。

ネット上での仕入れなどはそのままデータを送信すればいいですが、紙のレシート等はスキャンして送付する必要があるとのことです。

まさにペーパーレスの時代ですね。

 

ペーパーレスのメリットデメリット

 

確定申告のペーパーレス化のメリットとしては、保存場所がいらないということですね。

確定申告書を提出してから7年間保存するということは、ビジネスを続けていく限り毎年7年分の書類を保存する必要があるということです。

それがコンピューター上に保存できるならとてもスッキリするしありがたいですよね。

また、きちんと保存さえすればどこかに行ってしまって見つからないという心配もありません。

 

一方でペーパーレス化されるにあたり、スキャナなどを持っていない場合は新たに購入が必要となります。

また、今まで税理士さんに領収書やレシートを送れば終わりだったものを一つ一つ自分でスキャンする必要が出てきます。

これは、私にとってはデメリットです。

面倒なことは極力したくない人間なのでww

他にもメリットデメリットいろいろあるのでしょうが、私がすぐに思いつくのはこれくらいです。

 

まとめ

 

好むと好まざるとにかかわらず、時代は変わっていきます。

変化についていくのは気力と体力が必要ですが、ビジネスをする上では必要不可欠です。

取り残されないように日々アップデートしていきましょう!


                    
この記事を書いている人 - WRITER -
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.