自分の固定観念に気付いていますか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

こんにちは!

正社員ママせどらーじゃすみんです。

 

今年も青唐辛子が手に入ったので柚子胡椒を作りました。

青唐辛子のエキス?が空中に舞ってマスクをしていても鼻水がとまらず、手袋をしてても手がヒリヒリして大変でした。

でも、冬の鍋にはこの柚子胡椒が欠かせないので、毎年せっせと作っています(^^)/

作り方が気になる方はこちらを参考にしてくださいね。

 

さて、今日は固定観念を壊していきましょうというお話です。

投資やせどりを知る前の私は、お金を稼ぐということは自分の時間を切り売りした対価をもらうことだ、とずっと思っていました。

「不労所得」なんて一部の大地主や悪いことして稼いでいる人の特権のようなイメージがあり、いい印象がありませんでした。

ですが、今では不労所得サイコーじゃないか!と思っています。

 

人は今までの勉強してきたことや経験したことによって自分の考えが作られていきます。

私は投資やせどりを知ることにより、お金を稼ぎ方は一つじゃないんだということに気付きました。

これは私にとって、とても大きな発見でした。

 

自分の固定観念が壊れると、今まで見えなかったものが見えてきます。

これまで興味がなかった分野に興味を持つようになったり、付き合う相手が変わったりします。

では、固定観念とらわれないようにするためにはどういったことをすればよいのでしょうか?

 

固定観念にとらわれないようにするポイント

 

 自分と違う考えの人と付き合ってみる

 

考えが同じ人と付き合ってばかりいては、自分の考えが変わることはありません。

時には自分とは全く正反対の考え方をする人と付き合ってみて、なぜそういう考え方をするようになったのかを観察してみましょう。

今まで自分が考えたこともなかったような視点から物事を見ているかもしれませんよ。

 

 本を読む

 

本にはその著者の考えが書かれています。

沢山の本を読むことでいろいろな人の考え方に触れることが出来ます。

できれば読む本のジャンルも多岐にわたれば理想的ですね。

 

 旅に出る

 

自分が今住んでいる土地、国などを出て旅に出ることで、新たな発見をすることが出来ます。

自分の中では当たり前だと思っていたことが当たり前でないと知ることが出来る、旅はその絶好の機会です。

 

 新しいことに挑戦してみる

 

今までにやったことのなかったことに新しく挑戦することで、全く違う世界が開けることがあります。

私の場合はせどりでした。

せどりを知ったことで私の世界は広がりました。

あの時勇気を出してせどりを始めて良かったと心から思います。

 

まとめ

 

自分の固定観念をすべて壊すのは難しいかもしれません。

でも、世の中にいろいろな考え方の人がいて、いろいろな生き方があると理解することにより自分の視野は飛躍的に広がります。

物事を一方向から見るのではなく、いろいろな角度から見られるようにしていきたいですね。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.