面倒は見すぎない方がうまくいく

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

こんにちは!

正社員ママせどらーじゃすみんです。

 

この間新学期が始まったと思ったらもう夏休み目前です(^-^;

オリンピックもなんだかんだで開催されるんですね。

うちのカレンダーでは19日がお休みだったので祝日が急に移動していて混乱しました。

我が家は夫婦二人ともカレンダー通りの休みではないので、ゴールデンウィークのように休みが続くとやりくりが非常に大変です。

交代で休んで時には実家の親に子供たちの世話をお願いしてなんとかしのいでいます。

共働きのデメリットですね。

まあ、それを考慮に入れても共働きの方が私にとってはメリットが大きいので、これからも頑張って続けていきます(^^)

 

さて、今日は面倒は見すぎない方がうまくいくことが多いというお話です。

子育て、会社の後輩と部下の関係、外注さんとの関係でもいえることですが、あまり面倒を見すぎるとうまくいかないことが多いです。

 

どんな人間関係でも適度にほっておくことが大切

 

 親子関係

 

まずは親子関係。

子供が失敗するのを見るのは親としては辛いです。

だから失敗しないように先回りして危ないことをさせないようにしたり、代わりにやってあげたりしたくなってしまう気持ちはとてもわかります。

でも、人間は失敗から立ち直って強くなります

おそらく失敗するだろうな~と思ってもぐっと我慢して見守ってあげましょう。

つい口を出したくなりますけどね(我慢できなくて口出ししちゃうこともありますけどね)。

小さいころに沢山失敗しておけば、大人になった時に少しの失敗でめげたりしなくなると思いますよ。

 

 会社の上司と部下の関係

 

上司と部下との関係についても同じことが言えます。

部下をいじめるのは論外ですが、あんまり世話を焼き過ぎてしまうと部下が自分で考えて行動するということをしなくなってしまいます。

まずは簡単な説明をしてやらせてみて、失敗したら怒らずにどうして失敗したかを自分で考えさせた方が部下は成長します。

勤め始めたころ、何で先輩はもっと教えてくれないんだろうと思っていましたが、そのおかげで出来ない理由を自分なりに考えて改善する努力が出来ました。

最初から教えてもらってたら失敗はなかったかもしれませんが、考えて自分なりのやり方を見つけるということはできなかったと思います。

 

 外注さんとの関係

 

外注さんとの関係についても同じことが言えます。

マニュアルを作って細かく説明しても外注さんはすべて頭に入れることはできません。

絶対に守ってほしい大事なことだけ説明して、あとは外注さん自身でが試行錯誤しながら進めていってもらった方がうまくいきます。

お任せしてたら私よりよっぽど効率よく利益商品を見つけることが出来るようになった外注さんがいます。

私があれこれ口を出していたら、私のやり方に縛られてしまっていたと思うので口を出さないで良かったと思っています(実は忙しくてほったらかしてただけですが 汗)

 

まとめ

 

面倒見がいいというのはとてもいいことですが、口を出し過ぎるのは禁物です。

本人のためにもあれこれ指図したりせず、温かく見守ってあげてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.