134.Amazonから納品不備のお知らせがきたときの対処方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

こんにちは!

正社員ママせどらーじゃすみんです。

いよいよクリスマスまであと数日となりました。

コロナで始まり、コロナで幕を閉じるであろう2020年。

大変なこともたくさんありましたが、これからを見つめ直す良いきっかけにもなったと思います。

コロナがなければ副業など考えることもなかったという人もいるでしょう。

コロナをきっかけに沢山の人が自分たちの未来に不安を感じたはずです。

何もしないことは決して最善の選択などではなく、自分と自分の家族を守るためにはリスクを負ってでも何かをしなければならないと感じた人も多いのではないでしょうか。

国も会社もいざというときに助けてくれるとは限りません。

守らなくてはいけないものが多すぎるからです。

国や会社をあてにせず、自分の身は自分で守るという意識を持つことが大切だと思います。

 

さて、ここからせどりのお話。

先日Amazonから納品不備のお知らせが来ました。

ある商品が納品プランより一つ多く納品されているとのことでした。

 

納品不備で納品数が違ったときの確認方法

 

納品不備を確認するにはセラーセントラルにログインして『納品手続き』をクリックすると右上の方に『納品不備一覧』というタブがあります。

 

 

こちらで納品不備がどれなのか確認できます。

該当の納品プランを見てみます。

商品のタブをクリックすると、商品と受領数が出てきます。

 

 

ピンクの枠内の左側、数量1が納品プランで入力した数、右側の数量2が実際に納品された数です。

確かに一つ多いですね。

実際に自分が数量を間違えて納品した場合は、指示に従って確認をして終了です。

ただ、今回の場合は実際に1個しか納品していませんでした。

仕入れ数より多い数だったのでおかしいと思い、Amazonに調査を依頼しました。

そして、結局受領データが過剰に計上されていたということが判明しました。

 

納品数が少ない場合は連絡が来ない

 

繁忙期は特に商品がなくなったり、数をかぞえ間違えたりといったようなミスが発生します。

数が多かったり、納品プランに入っていない商品が納品されたりした場合は納品不備として連絡が来ますが、逆に数が少なかったり、納品プランにあるのに入っていなかった商品についは受領差異があるのにそのまま受領完了となっていたりします。

納品プランで発送済み数量と受領済み数量に差異がある場合は必ず確認しましょう。

 

まとめ

 

Amazon倉庫では割とよく商品がなくなったり、なぜか増えていたりということが起こります。

実際に自分で倉庫に探しに行くことはできないので、おかしいなと思うことがあったらすぐに確認するようにしましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.