Amazonだってミスをします

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

こんにちは!

正社員ママせどらーじゃすみんです。

 

あっという間に4月です。

1年の4分の1が終わってしまいました。

時間って一定の速度で流れているのに楽しいことをやっている時はすごく早く感じたり、逆につまらないことをやっている時は1時間が途方もなく長く感じたり、不思議ですよね。

私はもともとのんびり屋ですが、やることがいくつもあったほうが日々がテンポよく過ぎていく気がして好きです。

いくつになっても元気でいられるように、楽しく活動的に日々を過ごしていきたいですね。

 

さて、今日はAmazonって結構間違えるので気をつけてくださいねというお話です。

 

Amazonだってミスをします

 

 納品不備

 

ここ最近で3~4回納品不備の連絡が来ました。

予定していた数より実際に納品された数が多いというものです。

私は納品のほとんどを外注さんにお願いしているので、連絡が来るたびに外注さんに問い合わせるのですが、数は合っているはずとのこと。

確かに仕入れ数より多い納品は無理です。

そこで、Amazonにもう一度確認を求めると、しばらくしてから在庫の計上ミスだとの謝罪が…。

1度ならまだしもこれがここ最近何回も続いています。

人手不足で大変なのかもしれませんが、納品不備の文字を見るとドキッとしますし、外注さんも私から問い合わせが来れば不安になると思うので、もう少し気をつけてもらいたいものです…。

ちなみにプランに入っていないものが入っていたり、納品数が多いと納品不備のお知らせが来ますが、数が足りないときやプランに入っている商品が届かなくても特に連絡は来ません。

納品されたと思っていたら倉庫でなくなってた~なんてこともありうるのでしっかりチェックしてくださいね。

 

 倉庫内での紛失・破損

 

無事納品されたと安心してはいけません。

倉庫内での紛失、破損も結構あります。

破損の場合はある日しれっと「販売不可在庫の返送/所有権の放棄」のところに数が書いてあります。

販売不可の理由を見ると「フルフィルメントセンターでの破損」とでています。

Amazonからの連絡は特にありません。

しばらくすると補填のお知らせが来ます。

何故か手数料はしっかり引かれてるんですけどね…(^-^;

 

それから、商品の紛失が起きているかどうかはセラーセントラルの在庫管理画面のレポート→フルフィルメントをクリックします。

 

 

そして左側の一覧から在庫の欄から表示を拡大をクリックすると在庫調整レポートというものが出てきます。

 

 

 

期間を表示させたい期間に設定すると、一覧が表示されます。

 

 

この在庫商品の配置ミスとされている商品は紛失の可能性が高いです。

その上が在庫商品の発見となっているのでこの場合は無事発見されたようですが…。

もし、発見されていない場合はテクニカルサポートに問い合わせない限り紛失されたままになってしまいます。

高額な商品などはかなりの痛手となりますので、定期的に確認して紛失がないか調べるようにしましょう。

 

まとめ

 

Amazonのような大企業でも中で働いているのが人間である限り、ミスは起こります。

FBAはとても便利ですが、納品したら全てお任せではなく、最低限の商品管理はするようにしていきましょう。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

Copyright© , 2021 All Rights Reserved.