39.オークファンの便利な活用方法 ヤフオク仕入れの必須ツールです

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

こんにちは!

正社員ママせどらーじゃすみんです!

夏休みももうすぐ終わりですね。

子供のころ夏休みってあっという間に終わるな~と思っていましたが、大人になってもあっという間に終わりますww

と、いうか1年があっという間に終わります(*_*;

ただただ日々の雑事をこなして時間が過ぎるか、未来へ向けてコツコツ努力しながら生活するかで10年後が全く違ってくると思うので、私はこれからもせどりや情報発信を続けていきます!

 

さて、今日はヤフオクを使うならぜひオークファンを使ってほしいというお話です。

 

オークファンとは?

 

オークファンとはヤフオクやメルカリの価格相場の検索が出来たり、出品が簡単に出来るツールなどがあり、出品するのにも落札するのにも便利なツールです。

無料会員と月額324円のライト会員、月額980円のプレミアム会員があります(2019年8月現在)

主な違いは下記の通りです。

 

 

 

私は出品はあまりしないので、月額324円のライト会員になっています。

 

オークファンの便利な使い方

 

それでは、私がよく使う方法を説明していきますね。

まずヤフオクでリサーチし、良さそうな商品を見つけたら出品者の評価を見ます。

良い評価が98%以上ならまず安心です。商品をウォッチリストに入れます。

次に該当の商品をFBA料金シミュレーターで調べます。

出品者の収益から落札できた場合にかかる送料を差し引いた額から0.83をかけた額を希望落札限度額に設定します。

ちょっとわかりにくいですね。

 

例を挙げてもう一度説明します。

例えばこの商品。

 

 

 

FBA料金シミュレーターはこちら

 

FBA利用の場合の出品者の収益は13726円ですね。

送料を仮に900円とするなら13726円-900円=12826円です。

これに0.83をかけます。

12826円×0.83=約10646円

この10646円が落札希望限度額となります。

10646円で落札できれば12826円−10646円=2180円が利益額となります。

つまり落札額の約20%の利益が確保できます。

15%の利益率でよければ0.87をかければいいし、30%欲しければ0.77をかければそのくらいの利益率になります。

落札希望限度額が出たらオークファンのマイページをクリックします。

マイページの右側上から二番目の欄に入札予約登録件数というのがあります。

 

 

ピンクの枠の中ですね。

右下に▷もっと見るというのがあるのでそこをクリックします。

出てきた画面のヤフオク!ウオッチリストのところを開きます。

 

ヤフオクと連携していれば先程ウオッチリストに入れた商品が入っているはずです。

そして入札予約をクリック。

 

 

するとこんな画面が出てくるので、入札金額のところに先程計算で出した落札希望限度額を入力します。

私は入札を6分前に設定しています。

後はオークションが終わるまで待つだけです。

落札出来たらラッキーくらいの気持ちで待ちましょう。

オークションは終了間際に値が吊り上がることが多いのですが、早い時間に入札してライバルに直前で落札されてしまったり、ぎりぎりに入札しようとしてうっかり終了時間が過ぎてしまったりということがありません。

また熱くなって想定額以上の値で落札してしまうこともありません。

しかも他に入札者がいなければこの金額よりも安い値段で落札することも可能なのです。

 

ヤフオク仕入れのつよ~い味方のオークファン、今なら初月無料キャンペーンもやっているようなので是非一度試してみて下さいね(^^)/

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.