専業主婦の副業はせどりがおすすめ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

こんにちは!

正社員ママせどらーじゃすみんです。

今日は専業主婦が副業をするならせどりがおすすめというお話をします。

 

一昔前は専業主婦世帯が主流でしたが、今や逆転して共働き世帯が多くなっていますね。

うちの子供も小学校が終わると学童保育に行っていますが、年々入所する子供が増えているようです。

とはいえ、先進国の中では日本はまだまだ専業主婦世帯の割合は多いです。

長引く不況の影響で専業主婦=裕福な家庭といったイメージが強いですが、調査によって専業主婦の8人に1人が貧困に陥っているという結果が出たそうです。

では、専業主婦のメリットデメリットは何でしょうか?

 

専業主婦のメリット

 

1、働かなくても社会保険や税制面で優遇されている。

 

夫の扶養家族になれば自分の国民年金の保険料を払わなくても年金がもらえますし、健康保険にも加入できます。

配偶者控除によって世帯の納税金額も減らすことが出来ます。

 

2.時間の融通がききやすい

 

子供が急に病気になって看病しなければならなかったり、急に友達に誘われたりといった場合に対応しやすいといえます。

働いていると誰かに仕事を代わってもらったり、前もって有休をとったりと色々気を使うことが多いです。

 

3.仕事に絡む人間関係などのストレスがない

 

職場でのノルマや人間関係にストレスを感じて結婚を機に仕事を辞めてしまう人も多くいます。

専業主婦になれば少なくとも仕事関係のストレスとは無縁でいられます。

 

 

専業主婦のデメリット

 

1.収入源が夫だけになってしまう

 

収入が夫の稼ぎだけに限定されるため、万が一夫が働けなくなった時には家計の収入源が絶たれて生活が成り立たなくなってしまう危険があります。

 

2.社会との関りが薄れる

 

積極的にいろいろなコミュニティに参加できる人は別ですが、基本的に家で家事や育児をしている専業主婦は人間関係が狭くなりがちで、自分の居場所を家以外に見つけられず、精神的に追い詰められてしまうことがあります。

 

3.離婚に踏み切るのが難しい

不幸にも結婚生活が破綻してしまった場合でも、収入面の不安からなかなか離婚に踏み切れない人が数多くいます。

特に今まで就労経験がなかったり、仕事を辞めてからのブランクが長いと再就職も困難になります。

 

専業主婦も収入源を得よう

 

私は結婚してからもずっと働いていますが、専業主婦が良いとも悪いとも思いません。

専業主婦にも兼業主婦にもメリットデメリットは当然ありますし、それぞれの考え方や事情があり選択した結果だと思うからです。

ただ、もし専業主婦でいることで金銭面に不安を感じたり、将来が心配であるなら、自分でお金を稼ぐための行動を起こすべきだと思います。

 

数ある副業の中でもせどりは

特別なスキルが不要

自分のペースで出来る

すき間時間で作業が出来る

ので専業主婦にピッタリの副業と言えます。

 

働きたくても事情があってなかなか外に働きに出られないという方やもう少し自由になるお金が欲しいと思っている専業主婦の方は、思い切ってせどりを始めてみませんか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.