120.Amazon出品規制ブランドのワンクリック解除の方法とは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

こんにちは!

正社員ママせどらーじゃすみんです。

朝晩が涼しくなってきて嬉しいです。

私は暑いのが苦手で寒いのも苦手(ただのワガママ?)、しかも花粉症なので秋が一番好きです。

ピンク一色の桜も綺麗ですが、赤や黄色の紅葉を見ると心が落ち着きます。

そうだ、京都行こう!・・・って行けたらいいんですけど、実際は仕事も学校もあるし、なかなか難しいですね(^-^;

 

さて、今日はAmazonの出品規制ブランドの解除についてのお話です。

Amazonではカタログがあれば何でもかんでも販売できるわけではありません。

商品によっては事前に出品許可が必要なブランドもあります。

この出品許可が必要なブランドは人によって違います。

特に販売実績が少ない若いアカウントなどはかなり出品規制がかかっているようです。

 

出品規制がかかっている商品

 

例えば下のソニーの商品を登録しようとすると…

 

 

このように出品許可を申請ボタンが出てしまうものは販売許可が下りていません。

ここで出品許可を申請ボタンを押してみます。

 

 

すると、こんな画面が出てきます。

 

 

このように制限解除には

 

 

が必要となります。

これは結構ハードルが高いです。

 

しかし、時々これらの書類がいらないケースもあります。

 

ワンクリック解除

 

次はCANADA GOOSE(カナダグース)というブランドの出品申請をしてみます。

 

 

出品許可を申請するを押すと…

 

 

請求書なしで申請が許可されました!

これをワンクリック解除と呼ばれています。

ワンクリック解除されるかどうかは人によって違いますし、今回できなくても日を改めて挑戦してみて出来る場合もあります。

では、どんなブランドが出品規制されているのか、一部を紹介しますね。

 

出品規制されている主なブランド

 

 家電・アウトドア・生活雑貨系

 

APPLE(アップル)

Anker(アンカー)

BenQ Japan(ベンキュージャパン)

Beats(ビーツ)

BOSE(ボーズ)

ブリタ(Brita)

BROTHER(ブラザー)

BRUNO(ブルーノ)

BUFFALO(バッファロー)

CANON(キヤノン)

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

CASIO(カシオ)

Coleman(コールマン)

COMTEC(コムテック)

DJI(ディー・ジェイ・アイ)

Dyson(ダイソン)

dretec(ドリテック)

EPSON(エプソン)

ELECOM(エレコム)

ELPA(エルパ)

Ergobaby(エルゴベビー)

Philips(フィリップス)

FUJIFILM(富士フイルム)

GOPRO(ゴープロ)

G-SHOCK(ジーショック)

Hoppetta(ホッペッタ)

HUAWEI(ファーウェイ) エレクトロニクス

LOGOS(ロゴス)

Microsoft(マイクロソフト)

Makita(マキタ)

NIKON(ニコン)

OLYMPUS(オリンパス)

PANASONIC(パナソニック)

PENTAX(ペンタックス)

RICOH(リコー)

THERMOS(サーモス)

SanDisc(サンディスク)

SIGMA(シグマ)

SONY(ソニー)

Shop Japan(ショップジャパン)

SHIMANO(シマノ)

TAMRON(タムロン)

Tanita(タニタ)

YAMAHA(ヤマハ)

ZOJIRUSHI(象印)

 

 おもちゃ・ホビー系

 

BANDAI(バンダイ)

エポック(EPOCH)

GOOD SMILE COMPANY(グッドスマイルカンパニー)

LEGO(レゴ)

Peeple(ピープル)

SEGA TOYS(セガトイズ)

STUDIO GHIBLI(スタジオジブリ)

TAKARA TOMY(タカラトミー)

アンパンマンシリーズ

ガンダムシリーズ

たまごっちシリーズ

トミカシリーズ

トーマスシリーズ

ディズニーシリーズ

プラレールシリーズ

ぽぽちゃんシリーズ

リカちゃんシリーズ

 

 メディア系

 

TOHO(東宝)

PONY CANYON(ポニーキャニオン)

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

 

他にもアパレル系やヘルス&ビューティー系などたくさんの商品がありますし、新たに追加されるブランドもあります。

また、ブランドによっては販売できる商品と販売できない商品がある場合があります。

 

私はおもちゃ・ホビー系の販売実績が多いので、上記のおもちゃ・ホビー系のブランドはほとんど出品出来ますが、家電やアパレルなどは規制がかかっているブランドが多いです。

仕入れのチャンスがある商品に規制がかかっていてあきらめるのは悲しいので、時々ワンクリック解除できないか試すようにしています。

あなたも解除出来たらラッキーぐらいの気持ちで気軽に試してみてくださいね(^^)/

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.