せどりや人生に疲れたら 息抜きも大切な仕事です

 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

こんにちは!

正社員ママせどらーじゃすみんです!

最近ずーーーーと仕事が忙しく、休みの日にはセミナーや勉強会があったのでちょっと疲れがたまっていました。

そんなとき、私にはとっておきのリフレッシュ法があります♪

それは…

スーパー銭湯に行くことです!

 

うちから車で30分以内で行けるところにスーパー銭湯が5~6軒あるので気分によっていろんなところに行けます(^^)

最近はいろんなサービスで付加価値をつけるところも増えていて、炭酸泉だったり、岩盤浴があったり、休憩所にマンガ喫茶並みに漫画が並んでいたりとかなり楽しめます。

 

私がお気に入りの入り方は

1.かけ湯で身体を流す

2.お風呂につかる

3.身体が熱くなり汗が出てくるまで我慢

4.限界まで入ったら水風呂

5.かけ水をして慣らしながら水風呂に入る(水風呂は18~19度くらいが理想)

6. 瞑想する

 

・・・とここまで人に話すと

「水風呂!?無理 無理 無理!!」といった反応を大半の人がするのですが、水風呂って本当に気持ちいいんです。

お風呂で熱くなった身体が水風呂でだんだんと冷やされて体内の血液もだんだん冷えていくのがわかります。

頭をめぐる血液も冷えていくのがわかり、吐く息が冷たくなってきて思考がだんだんとクリアになります。

そのまま目を閉じると良いアイデアが次から次へと湧き出てくる(ような)気がします。

気がするだけですがww

 

「サ道(サウナ道の意味)」という漫画でサウナから出てちょうどよい温度の水風呂に入ると「ととのう」という描写があるのですが、

その表現がピッタリ!

まさに「ととのう」のです。

私はサウナが苦手なのでお風呂で身体を温めますが、こういった入り方はサウナ→水風呂のほうが一般的なようですね。

水風呂から出た後は、身体を慣らしながら温かいお風呂に入り、時間があればまた水風呂に入って…を3回くらい繰り返します。

最後に髪や身体を流してお風呂から出ます。

お風呂から出た後は身体も心もすっきり!

疲れなんて吹き飛んでいます。

 

ただ、この入り方は心臓の弱い方やお年寄りには身体に負担がかかるかもしれないのであまりおすすめできませんww

スーパー銭湯ではなく、ランニングでも映画鑑賞でも何でもいいのですが、自分なりのストレス解消法があるととても役に立ちますよね。

仕事やせどりを頑張るのはもちろん大切ですが、頑張りすぎて疲れてダウンしてしまっては元も子もありません。

疲れた時は息抜きをして自分をいたわってあげてくださいね(^^)/

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター
2人の子持ち、フルタイム勤務の普通の主婦が時間のやりくりをしながらせどりで人生を変えていくブログ

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.